« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

太秦戦国祭り

前回戦国ブラウザゲームの話を致しましたが、戦国つながり
ということで、昨日(土曜日)に太秦戦国祭りが京都の太秦
映画村で行われるということで行ってまいりました。
(太秦戦国祭りは土・日曜の2日間です)

・太秦映画村
http://www.toei-eigamura.com/

・太秦戦国祭りリターンズ2010
http://www.joraku.jp/

太秦映画村には遠い昔に一度だけ行ったのですが、今回
は、前回話をしたネットゲームの戦国IXAが太秦戦国祭り
に参戦するということと、戦国祭りは見たことがなかった
ので一度見てみようと思い、訪問致しました。

まずは表の写真。
当日は戦国祭りというjことで駐車場は満車状態でした。

Uzumasa1

通常は時代劇の撮影場所を見学という感じなのですが、
当日は古い街並みに戦国ゲームのブースがズラリ並ぶ
といった感じです。

戦国バサラのブース

Uzumasa2

次に現在ネトゲしている戦国IXAのブース

Uzumasa3

他にも知らない戦国ゲームのブースが並んでおりました。
まぁ、普通ここへ来たら、こういうものを見ますよね。

Uzumasa4

とか、昭和の戦後のお店

Uzumasa7

さて本題はここから、この太秦戦国祭りでは武将のコス
チュームを来た人たちがたくさんいるのです。
写真は許可を頂いて撮ったのですが、顔は隠しております。
コスチュームを着ているほとんどが女性なんです・・・

Uzumasa5

武将といったら甲冑ですが、ゲームに出てくるの武将
はそうではありません。
ようやく見つけたコスチュームを着た男性武将

Uzumasa6

私が行ったときのコスプレ人口は映画村にいる観光客
の半分? いや6割くらいで、コスプレしている8割くらい
が女性のようでした。。。

なんともまぁ、幸せな時代なんでしょうか。
これだけこの映画村にコスチュームを着ている人が多い
と、何と言いますか、場違いと言いますか、自分がここに
いてよいものかという錯覚に囚われまして長時間滞在する
ことができませんでした。
結局、数時間で映画村を後にした次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットゲーム

先週に紹介された天国シリーズのギターの本は近日中に
見に行こうと考えているのですが、今回は仕事や趣味の
ギターと全然関係のない全くの息抜きで遊んでいる戦国
ブラウザゲームのお話です。

もともと日本の戦国時代が好きでありまして、その時に
活躍した武将などにも興味があるのです。
 ヤフーのメアドを持っているのですが、ある日メール
チェックをしようとした時、広告バナーで戦国の織田信長
のアニメ広告が目に入ってしましました。

広告バナーの罠にまんまとひっかかりクリックしたところ、
思っていたとおりの戦国ゲームがあるではありませんか。
まぁ、基本無料だし、息抜き程度の遊びなのでとりあえず
ポッチと登録してお遊び。

内容は、戦国ゲームによくある内政を行い資源を貯め、
兵を作って他国と合戦を行うというものです。

戦国IXA
Rogo1

まぁ、ゲーム自体はそれなりなんですが、面白いのが
描かれている武将の絵。 画像をご覧あれ。。。

☆記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の商標、または登録商標です。

・織田信長
Photo

・長尾影虎
Photo_3

・武田信玄
Photo_4

Copyright c 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


学校の教科書で出てきたものとは、かけ離れてものすごく
迫力ある描写。
しかしながら上杉謙信が女性ぽく描かれております。

信憑性はどうであれ、上杉謙信の女性説は有名ですよね。
死因は更年期障害による婦人病であるとか、合戦時には
女性特有の腹痛(生理痛)があって引き返したり、出陣しな
かったりだったとか。その他、行動や筆跡、歌会などで女性
を思わせることが多くあるそうです。
謙信が女性であったという奇説については、
Wikiの上杉謙信女性説をご覧下さい。

ネットゲームのもう一つの楽しみ方は、年齢・性別・職業が
不明なネトゲ仲間と出会えること。
さまざまな考え方を持った人が集まります。
会社で参加する外部講習会などは、本当に実績があるか
どうか解らないコンサルが口上手く教科書的な話をする
ことが多くあります。
確かにそれはそれで学ぶべきものがあります。

現在の学生や若年社会人がどのような考え方をしている
のか、会話を通して少しでも身をもって知ることができる
もの。そのように考えております。

まぁ、そんな勝手な理由をこじつけて遊んでおります。
(もちろん異論は認める)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギター(インスト)曲探し・・・

ギターは毎日弾いているのですが、ネタ(弾こうと思う)になる
曲がなかなか見つからない状態が長く続くことがあります。
インストって案外マイナーなんでな好きな曲を見つけるのが
難しいです。

そこで普通にバンドでやっているロックとかブルース系の
ギターを遊びでチャカチャカと一人で弾いております。
懐かしいところでヴァン・ヘーレンなどの古い曲などを練習
している今日この頃です。

が、やはりインストをしたいと思い、以前からファンであり
ました春畑さんのギターソロのCDを聞いて少しだけ弾いた
りしております。

春畑さんはTUBEのギタリストなんですが、ソロ活動もされて
おり、独特のギターテクニックと、いい曲を作っているので
好きなアーティストの一人です。

本当に独特なギターテクニックと音作りで、早弾きも流れる
感じではなくてカシャカシャっていうか、ペキペキ?カタカタ?
みたいな感じで・・・
 解るわけね~だろ、と思われる方が殆どでしょうね。
この辺は個人の感覚なんで何とも表現するのが難しいです。

写真は〝BEST WORKS 1987-2008 ROUTE86〟と
いうベストアルバムで過去の春畑さんのいい曲が多く入って
います。

100912_haruhata_cd1

有名どころでは、J‘S THEMA(サッカーのJリーグのテーマ)
とか最近ではJAGUAR’08という曲はプロ野球ニュースとか
で聞くことが出来ますね。

いい曲なんですが早弾きのところがまだ弾けないんですよ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あなたにとって・・・(ある大学での授業)

昨年に引っ越ししてからPC入れ替えたし、PODの接続とソフトのインストールもまだ完全に出来ていないので、ギターの音源アップも出来ない状況です。
それまでの間、ネットを徘徊していますと色々といいお話に巡り合えますので、自分自身への問いも兼ねて投稿したいと思います。聞いたことがあるかもしれませんよ。


ある大学でこんな授業があったという。 
「クイズの時間だ」 教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」 教室中の学生が 「はい」 と答えた。
「本当に?」 そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」 学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」 と答えた。

教授は 「そうだ」 と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
学生は声を揃えて、「いや」 と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」

「それは違う」 と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって ”大きな岩” とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う ”大きな岩” とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない 「何か」 に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。


さて、あなたにとって『大きな岩』って何でしょうね?・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税務調査

先日、税理士から電話がかかってきたのですが、内容は近日中に税務調査が入るとのこと。

来たか~、そろそろ年数的にも調査のあるころだと思っていたのですが、、調査官はどれくらいのお土産を持って帰るのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »