« Rock Guitar Festa (JEUGIA) | トップページ | 音源 »

弦の張替えpart2

前回弦の交換をしたのは9月23日くらいだったでしょうか、弦はもう
少し切れずにもちそうなんですが、ピックのあたる部分の弦の表面
が少しモロモロになってきているのと、フロイドローズの弦交換及び
交換後のチューニング練習もあり3ヶ月経過前に交換致しました。

交換方法については前の記事を見てくださいね。
http://fresta.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_ee9a.html

今回は弦を全て一度に交換することにしました。
前回と違うところだけを掲載しますね。

1.写真①の様に古い弦を全て外す前にトレモロの部分に硬い紙を
  挟み込みます。ダンボールや箱を切ったり封筒やハガキなどを
  丸めて硬めにしても良いと思います。
  挟む時はアームダウンして挟み込むのが良いでしょうね。
  写真①  1208guitar1










2.前回の記事の手順ですべての弦を外したら、今回はネックの
  表面部分を簡単にお掃除します。
  私の場合オレンジオイルを持っておりますので、それをティシュ
  ペーパーに染み込ませて、ネックを拭きました。
  (レモンオイルなどもありますよね)

写真②(全ての弦を外した状態でネックの清掃しているところの写真
   を撮り忘れていましたので写真は弦を1本張りかけています。
   実際は弦の無い状態でおこなって下さい)
1208guitar2_2









今回はフレット磨きは致しません、まだする必要も無いので・・・

順番に弦を張っていって、ある程度弦のテンションを上げたところで
トレモロに挟んだ紙を外して下さい。

後は、一番面倒なチューニングですが、前回の記事でも記載した
ように弦のゲージを替えていなければそれほど面倒ではないと
思います。

さて、これで弦交換が終了しましたので、その後、曲の録音を
致しました。
音源のアップは次回の投稿で致しますよ。

|

« Rock Guitar Festa (JEUGIA) | トップページ | 音源 »

ギターのお手入れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484770/9330677

この記事へのトラックバック一覧です: 弦の張替えpart2:

« Rock Guitar Festa (JEUGIA) | トップページ | 音源 »