« 弦交換(Ibanez) | トップページ | 飲み屋で練習? »

弦高調整及びオクターブチューニング

先週にギター弦の交換を行ったが練習をしていると、気になることが2点ある。
どうもチューニングがあっているようであっていない感覚と弦高がいまいちフィットしていない点である。
おそらく先日、弦の交換をした時にオクターブチューニングをしていなかったからだと思う。

以前から気にはなっていたが、フロイド・ローズなのでどうしても手間がかかるのでやっていなかった。
また、実を言うと弦高の購入した時のままで、店員の若いお兄さんが調整してもらったままの状態で弾いていた。
弦高に関しては、1弦側より6弦側の弦高が高く弾いていてもなんとなくバランスが悪い。

と言うことで今回は、オクターブチューニングと弦高の調整を行ってみた。
急に思い立ってチューニングと調整をしたので、弦の交換の時のような写真を撮るのを忘れていたが、〝cozy’s Music Note〟というサイトの『ギターいじり』のページにIbanez540Sのメンテナンス記録があり、そこにオクターブチューニングと弦高の調整をした記録を写真でアップしているので、そのサイトを参考におこなってみました。

そのサイトのリンクを貼っておきますね。↓

Topページ URL: cozy’s Music Note

弦の交換⇒チューニングの手間と比べると比べると、まだ楽な方かな。
少しづつ自分仕様のギターに変えていきたいと思う今日この頃です。

|

« 弦交換(Ibanez) | トップページ | 飲み屋で練習? »

ギターのお手入れ」カテゴリの記事

コメント

オクターブチューニング必要ですよね。
いつも弦を交換する時に一緒にやってました。
最近、弦が切れる期間が短いので適当に開けて
やってます。
弦高も人それぞれ好みの高さがありますよね。
他人のギターをちょっと弾いてみたりすると
弦高が違って凄く違和感があったりします。

投稿: punch | 2007.10.01 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484770/8641523

この記事へのトラックバック一覧です: 弦高調整及びオクターブチューニング:

« 弦交換(Ibanez) | トップページ | 飲み屋で練習? »