« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

飲み屋で練習?

このあいだ、中学時代の同窓会があった、近くに住んでいる人もいるが、普段は全く会うことが無い。
担任の恩師も健在であった。
(ちょっと、くたびれてたけど、元気でありました)

1次会で話は盛り上がり、2次会にも参加した。
参加人数は十数名くらいだったので、2次会は小さくて落ち着いたラウンジというかパブみたいなところでした。
店の周りを見渡すと、なんと、ピアノとクラッシクギター2台とフォークギターが1台とエレキベースが置いてあった。
店のマスターはもともと軽音楽部ということで、普段は昔のバンド仲間が集まって酒を飲みながら演奏でもしているようであった。

当日は、我が同窓会の貸切状態だったので、中学時代にギターを弾いていたことを知っている友人から、何か弾いてくれと要望があった。
最近、エレキを再開したばかりで人前で弾ける自信があまりなかったが、歌は普段カラオケで歌いまくっているやつが歌うと言うことで私は簡単なコードのギター伴奏だけを担当した。

年代は同じなので古いフォーク系の歌の伴奏をしたのだが、コード進行だけなので案外覚えていて弾くことができたと思う。
マスターはギターの他ピアノも弾けると言うことで、その日は生の演奏を聞いたり、生の伴奏で歌ったりと気持ちの良い一日でした。

何か生の音って良いですよね。
カラオケでは出せない雰囲気というか、心の中に響くものがありました。
楽器ができない人も、生の音を聞いて少し感動していたでしょうか。
(私みたいにへたくそでも、生の場合はそれなりに良く聞こえるみたいです)

また、いつか行われる同窓会のためにも、頑張ってギターの練習をしようと、夜空の
お星様に向かって誓った一日でありました。

                   3年10組 ten   おわり。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦高調整及びオクターブチューニング

先週にギター弦の交換を行ったが練習をしていると、気になることが2点ある。
どうもチューニングがあっているようであっていない感覚と弦高がいまいちフィットしていない点である。
おそらく先日、弦の交換をした時にオクターブチューニングをしていなかったからだと思う。

以前から気にはなっていたが、フロイド・ローズなのでどうしても手間がかかるのでやっていなかった。
また、実を言うと弦高の購入した時のままで、店員の若いお兄さんが調整してもらったままの状態で弾いていた。
弦高に関しては、1弦側より6弦側の弦高が高く弾いていてもなんとなくバランスが悪い。

と言うことで今回は、オクターブチューニングと弦高の調整を行ってみた。
急に思い立ってチューニングと調整をしたので、弦の交換の時のような写真を撮るのを忘れていたが、〝cozy’s Music Note〟というサイトの『ギターいじり』のページにIbanez540Sのメンテナンス記録があり、そこにオクターブチューニングと弦高の調整をした記録を写真でアップしているので、そのサイトを参考におこなってみました。

そのサイトのリンクを貼っておきますね。↓

Topページ URL: cozy’s Music Note

弦の交換⇒チューニングの手間と比べると比べると、まだ楽な方かな。
少しづつ自分仕様のギターに変えていきたいと思う今日この頃です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »