トップページ | 弦高調整及びオクターブチューニング »

弦交換(Ibanez)

先日、エレキギターの弦の交換を行いました。
ネットで弦の交換の方法で問い合わせを良く見かけます。
またフロイド・ローズのギターに関しては自分で弦交換せずに毎回、店員に交換してもらっている方がおられるらしいです。
せっかく自分の好きなギターを購入したのですから、せめて弦の交換やクリーニングくらいは自分でおこなえるように努力しましょうね。

Ibanez RG2550の弦の交換を行った時の模様を写真に撮りましたので説明をつけてアップ致します。少しでも参考になれば幸いだと思います。
最初に言っておきますが、弦の交換自体は難しくありません、他のギターと比べてロッキングナットを外す手順が増えるくらいだと思うのですが。
面倒なのは、弦交換後のチューニングなんです。
とりあえず頑張ってやってみましょう。。
(弦の交換方法を見たい方のみ続きを見て下さい。少し長いですよ。。。)

まず、購入した時に説明書(冊子見たいなやつ)がついてますので、それに沿って
行います。説明書の無い方はIbanezのHPの上にSUPPORTタブをクリックし左の
メニューのMANUALページに行って下さい。

●IbanezHP
http://www.ibanez.co.jp/japan/
早い話がこれなんですが、↓
http://www.ibanez.co.jp/japan/support/manual/pdf/guitars/eg_manual.pdf
自分のギターはPrestigeなのでこちらになります。↓
http://www.ibanez.co.jp/japan/support/manual/pdf/guitars/Ibanez_EG_Prestige.pdf

1.最初は、弦の購入。後で面倒なことを避けたいなら、買った時と同じ弦(特にゲージ)にしておいた方が良いでしょう。
ちなみにEDGE-PRO トレモロの場合、説明書には『0.009ゲージセットの弦を取り付け・・・最適な性能が得られるように設計されています。』と書かれていますので、おそらくゲージは0.009~0.042か0.046だと思います。
購入した店の方に聞いて見てください。(自分で測っても良いですよ)

2.古い弦を外す
                      (写真1)  
924guitar01_2写真1・2のようにロッキングナットを付属の六角レンチで全て外します。
六角レンチは購入時に付いていますのでギターケースの中を探してください。



                     (写真2)
924guitar02_3
 
②説明書には、1弦づつ交換と記載されていますが今回は2弦つづ交換することにしますので、5・6弦の弦をペグをまわして緩めます。

 (写真3)
924guitar03 ③次にこれは自由ですが、写真3のように12フレットあたりをニッパなどの工具で弦を切ります。切らなくてもいいのですが、弦の先で人間やギターを傷つけたりしやすくなるので自分は切っています。

 

(くれぐれも回りに子供さんがいないか確認してくださいね、弦の先で目を突いたりすると大変です)
                      (写真4)
924guitar04写真4のように5・6弦のサドルのストリングストッパスクリューを先ほど使った六角レンチで緩めます。
 (反時計回りにまわす。最初はちょっと硬いですよ)ほ~ら、そうすると弦が抜けた。



⑤後は、弦を丸めて袋に捨てる。
 これでとりあえず5・6弦は弦が無い状態となった。

3.新しい弦を張る
 ①まず、上の写真4の5・6弦のサドルに弦を入れる。(ポールエンドは切らなくて良いです)弦を入れる深さは説明書では3センチくらいと記載されていますね。

 ②弦を入れたら、ストリングストッパスクリューを先ほど使った六角レンチで締めます。
(時計回りにまわす。しっかり締めますが、締め過ぎると割れる場合があるので注意して下さいね。)
  
                           (写真5)
924guitar05







(写真6)
924guitar06









 ③次に写真5のように弦を通して弦を巻くポストから5~7センチくらい長めのところで弦を切る。

 ④次に、弦を巻くわけですが写真6のように親指などで押えて少しテンションをつけて巻いてあげると綺麗に巻けます。
(この時に弦巻き器を使うと早く巻けますね。持っていませんが・・・)
                          (写真7)
924guitar07





(写真8)
924guitar08








補足:1~3弦あたりは綺麗に巻くため、写真7・8のように弦をL字に曲げた後、穴に引っ掛けて、ツマヨウジ を穴の中に入れて弦を固定させて巻く方法もあるようです。

 ⑤5・6弦が済んだら、3・4弦の古い弦を外して新しい弦に交換、そして最後に1・2弦というふうに順番に行えば全ての弦の交換は完了です。

4.古い弦の廃棄
  (写真11)
924guitar12古い弦は巻いた後、写真11にように新しい弦の紙袋などに入れて箱に詰め、廃棄しましょうね。





5.チューニング
  (写真9)
924guitar09これがフロイド・ローズの面倒な部分ですが、同じメーカのゲージの場合は、おそらくこのままチューニングしてもトレモロ部分は多分水平に なると思うのですが。



チューニングは1~6弦全てが合うまで、何回も調整して下さいね。

チューニング後、下の写真9のトレモロが水平になっていればOKです。
 (ちなみに写真9は水平になっておらず上っています)

6.こんなになってしまった時のチューニング(物凄く面倒)
 写真9はトレモロ部分をわざと上った状態にしています。
 (赤マル部分で、浮いているのがわかります)
 これは、弦のゲージが以前より太いものに変わった場合に発生します。
 ゲージが太くなるとチューニングした場合、以前より張力が大きくなり、今まで均衡していたトレモロ部分が弦の方へ引っ張られるから上へあがるのです。
  (写真10) 
924guitar10では、弦の張力と何が均衡していたかと言いますと、ギター裏の部分にあるトレモロスプリングなんです。
ギターの裏の部分をプラスドライバーで開けると写真10のようにスプリングが見えると思いますが、この部分の調整が必要になるのです。

チューニングをしていて、トレモロ部分が上になってきたら、この赤マルのついたねじを時計回りにまわしますと、ねじが奥へ入りスプリングが引っ張られて、スプリングの張力が増大してトレモロ部分を下へ引っ張るのです。
 
 トレモロ部分の上下を見ながら弦のチューニングして、スプリングの調整をしてまた、弦のチューニングをする。そしてトレモロ部分が水平の状態でチューニングが合った時、完了となるわけです。

 このあたりは、感覚と言いますか経験なので、何度も弦の交換をすれば解ると思います。慣れれば面倒ですが何とかなります。
 手のかかる子供ほど可愛いと思って、弦交換してあげて下さい。

 と言うわけで、今回の内容では書ききれていないこと、書き忘れていることがあるかも知れません、弦の巻き方でもロック式の場合はあまり巻かないほうが良いという人もありますし、全ての弦を外す場合はトレモロ部分に板や布を挟んで弦交換をしている人もあります。人それぞれのやり方がありますので、自分のやりやすい方法を見つけて下さい。実際に経験するしかないのです。

 何事も経験しないと上手になれないのですよ、フフッ・・・

|

トップページ | 弦高調整及びオクターブチューニング »

ギターのお手入れ」カテゴリの記事

コメント

先ほどがご訪問ありがとうございました。
数十年ぶりに再開ですか、私も長いブランクが
ありました。
お互い頑張りましょう(⌒‐⌒)

チャーの気絶するほど悩ましい私も大好きです。アコギver。

投稿: punch | 2007.09.26 20時03分

そんな有名だなんて、ただのお笑いオヤジですよ。
それと、リンクフリーとなってるのでこちらから
リンクさせて頂きます。
今後もよろしくお願いいたします。

投稿: punch | 2007.09.26 22時02分

とても参考になりました。
ご説明を参考に初めて自分で弦を張り替え
「自分のギター」という思いが深まりました。
感謝申し上げます。

投稿: | 2010.10.07 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484770/8641520

この記事へのトラックバック一覧です: 弦交換(Ibanez):

トップページ | 弦高調整及びオクターブチューニング »